フェロー・アカデミー

Top Interview

メディアの多様化が進むなか翻訳三大分野を学べる総合校

一文を精緻に突き詰めるその姿勢がプロへの道

梶浦真美先生梶浦真美先生
「試行錯誤の積み重ねは成長の糧。今だからできる学びを大切に」

多くの優秀な翻訳者を育成してきたフェロー・アカデミー。翻訳の三大分野である実務・出版・映像を柱に、プロに求められる専門性と総合力を養うカリキュラムを整えている。広告×動画、書籍×映画などメディアの多様化が進むなか、専門性を持ちながら幅広い表現に対応できる人材を育成できるフェローは、業界からも注目される総合校だ。

1年間の総合翻訳科カレッジコースでは、前期に三大分野の基礎を学び、後期はメディカル、児童文芸、ドキュメンタリーといった専門性の高い科目を個々の希望に応じて選択していく。前期の必修科目「実務基礎」を担当する梶浦真美先生は次のように話す。

「授業では、すべてのジャンルの翻訳に通用する土台作りを目指して、読解力、表現力、調査力を伸ばします。具体的には、短文を訳し、動詞の意味や用法を徹底的に掘り下げていきます」

長文と異なり、前後の文章から内容を推測できない短文は、雰囲気に流されず、英文と真正面から向き合える最高の教材になるという。

「たとえば、冠詞の有無によって訳はどう変わるのか、andは何と何をつないでいるのか。毎回みなさんの訳をホワイトボードに書いてもらい、細かく添削します。一文を突き詰めていく姿勢は、プロになれば必ず求められるものですから」

最初の頃は、仕上げまでの時間を気にせず、じっくりと課題に取り組んでほしいと梶浦先生。迷い、調べ、考えるという試行錯誤の蓄積が基礎力を養うと考えているからだ。「決して簡単ではないところが、翻訳のおもしろさでもあります。私自身、原文と真摯に向き合い、別の言語に置き換えていくプロセスに魅力を感じてこの仕事を続けてきました。その楽しさを多くの生徒さんに伝えていきたいと思います」

修了生の声

「どんな案件も『やります』と言える自信がつく」

学びながら進む分野を見つける

葛馬麻衣子さん葛馬麻衣子さん
映像・実務翻訳者受講歴「カレッジコース」
出産前に一生ものの技術を習得できました

「異動のある総合職より、好きな英語を生かして、独立も視野に入れられる翻訳者を目指そう」。結婚を機に、銀行員のキャリアをストップし、そう決意しました。とはいえ、仕事に対するイメージは漠然としていて、進みたい分野も絞り切れず……。フェロー・アカデミーのカレッジコースは、実務・出版・映像の三大分野を1年かけて総合的に学べるのが魅力で、入学を決めました。

授業では、翻訳に求められるスキルを徹底的に習得します。常にクライアントを意識し、何のために、だれのために訳すのかを考えること。また、訳しはじめる前に、背景知識の調査や裏取りが不可欠であることを学びました。映像翻訳の授業では、実際に声優さんが私の訳した台本を読んでくれたり、ソフトを使って字幕をつけたりといった実践的な経験を通して、おもしろさを実感しました。

スキルがあるから自由に働ける

翻訳会社のトライアルに応募し、現在は複数の会社に登録。金融・財務分野のほか、子ども向けアニメ、ドキュメンタリー番組の映像翻訳も手掛けています。

実は在学中は妊婦で、コース修了最終週が予定日という目まぐるしい一年でした。子どものこともあって、在宅ワークを希望しており、求人の応募は翻訳者ネットワーク「アメリア」を活用しています。案件のジャンルは多様ですが、三大分野を学んだおかげで、自分が専門にしているジャンルに限らず、どんな案件でも「やります」と言えますね。

フリーランスは、すべての責任を一人で背負う大変さがありますが、仕事の配分を自由に調節できたり、通勤ストレスから解放されたりという、大きなメリットもあります。出産や子育てで一時的に仕事量が減っても、長い目で見て、一生続けられる仕事が得られたと思います。

子どもが保育園に入園したので、これからは日中の仕事量を増やして、経験を積みたいですね。いずれ海外ドラマや映画の翻訳をすることが目標です。

ココが自慢

入学前の講座選びから始まる手厚いサポート

個々の目標に合わせたカリキュラムを提案く

自分の目標に適した講座を、レベルに合わせて組み合わせて受講できる

年間200 以上の講座を開講しているフェロー・アカデミー。週5日のカレッジコース(1年)、週3日のベーシック3コース(3カ月)をはじめ、分野別の単科も充実。目的、レベル、ライフスタイルに合わせて、オーダーメイド感覚の学習を実現できる総合校だ。

その強みを最大限に生かすため、フェロー・アカデミーでは入学前から手厚いサポートを行っている。どのコースを選んだらよいのか、仕事と両立できるだろうか、課題の量や授業のレベルは……。一人ひとりの疑問に寄り添い、プロへの道のりを一緒に考える体制が整っている。学校説明会に行く前でも、体験レッスンの講座選びに迷ったときでも、気軽に相談し、そのサポートを体感してみよう。

さらに、学校選びにおいて、就業サポートは最も気になる点だが、フェロー・アカデミーには、学校を母体とする翻訳者ネットワーク「アメリア」がある。翻訳会社、出版社、映像制作会社など、約550社が協力会社として登録。求人数は常時約300件と、国内最大規模を誇る。クライアントからは「フェロー・アカデミーの修了生は、基礎力があり、こちらの意図をくみ取って反映できる柔軟性がある」と定評があり、依頼は増え続けている。やる気が仕事に直結するシステムをぜひ活用したい。

Recruiting Summary

入学時期 総合翻訳科カレッジコース: 4月
総合翻訳科ベーシック3コース: 1月、4月、9月
単科: 1月、4月、7月、10 月(講座によって異なる)
通信講座: 随時
オンライン講座: 随時
受講説明会 随時実施、体験レッスンあり
受講料(目安) 980,000円(カレッジコース)
350,000円(ベーシック3コース)
66,500円~(単科)
26,000円~(通信)
※いずれも税抜価格

School Data

所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-6 翻訳会館
問い合わせ先 電話: 0120-024-240(フリーダイヤル)
E-mail: info@fellow-academy.com
Webサイト http://www.fellow-academy.com
コース 総合翻訳科
単科
通信講座など
開講時間 平日 9:00~21:00
土曜 9:00~17:30
通信・オンラインの有無 あり
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019

通訳・翻訳業界総合ガイド2018-2019年度版