サイマル・アカデミー

Top Interview

第一線で活躍する現役通訳者による現場主義に基づいた実践的な授業

現場に必要な能力とプロ意識の醸成を目指す

蜂屋美季子先生蜂屋美季子先生
「常に知的好奇心を持ち、学び続ける姿勢が大切です」

日本初の国際会議通訳者集団として、1965年に設立されたサイマル・インターナショナル。その教育機関であるサイマル・アカデミーは、通訳業界をリードし続けてきた現役プロ通訳者による、現場に即した実践的な授業に定評がある。サイマル・インターナショナルの専属通訳者として第一線で活躍する蜂屋美季子先生も、授業では徹底した現場主義を貫きつつ、〝顧客オリエンテッド〟な姿勢の醸成を意識した指導を心掛けている。

「通訳は人前でサービスを提供する仕事。高い語学力や豊富な知識はもちろんですが、何よりクライアントに対して誠実で良心的な姿勢であることが重要。どんな状況でもベストを尽くす、高い職業意識を持った人材の育成を目指しています」

授業では、現役通訳者としての経験を踏まえ、同時通訳システムなどを使いながら現場感覚を磨いていくが、授業はあくまで〝方向付け〟の場にすぎないという。

「英語ができる人が多い今の時代、プロの通訳者に求められるレベルはより高くなっています。その厳しさを自覚して自ら学び続けることが大切。その場にふさわしい訳出でスピーカーを安心させるには、幅広い知識を蓄積する、資料を読み込んで案件の理解を深める、ワードリストを適宜追加していく、さまざまな状況を想定して関連情報をリサーチするなど、当たり前のことを高いレベルで能動的に実践していく必要があります。本校の講師陣はその実践を積み重ねてきた人ばかり。現場でのノウハウや方法論だけでなく、プロとしての主体性や学び続ける姿勢を肌で感じ取り、講師陣が歩んできた道のりを知ることで、将来のキャリアやそのために何をすべきかが具体的に見えてくることも本校の魅力だと思います」(蜂屋先生)

受講者の声

「経験豊富な講師陣にプロとしての姿勢を学ぶ」

外資系金融機関を経て通訳者に

小林理沙子さん小林理沙子さん
受講歴 1年3カ月「会議通訳コースⅠ」在籍中
経験と研鑽に裏打ちされた一流プロからのアドバイスがとても役に立っています

父の仕事の都合で、高校卒業までアメリカで過ごしていました。日本の大学卒業後に外資系金融機関に就職しましたが、結婚を機に退職。得意の英語に特化した仕事がしたいとかねてから希望していたため、通訳者を志しました。 アメリカで生活していたこと、外資系金融機関で業務の一環として逐次通訳的な仕事をしていたことなどから、英語力には自信がありましたが、通訳業務で求められる英語力は日常会話とまったく別物。プロの通訳者に必要な、話者が話す内容を迅速かつ正確に理解する力と、適切な言葉に置き換えて相手にわかりやすく伝える言語運用力を身に付ける目的で、サイマル・アカデミーに入学しました。現在はフリーの通訳者として仕事をしながら、授業に臨んでいます。

業務に直結した助言が役立つ

授業は、どれも有用で参考になるものばかり。通訳者が苦境に立たされそうな状況や、生のスピーチ素材を使った現場を見据えた実践的なトレーニングだけでなく、経験豊富な現役の一流プロから直接アドバイスをいただけることがありがたいですね。特に印象的だったのは、「スキルの蓄積と熟練には1万時間が必要。一人前になりたいなら、そこへ到達するまでのプランを立てて実践しなさい」という先生の言葉。以来、何の勉強にどれくらい時間を使うか、スケジュールを立てて管理するようになりましたし、隙間時間にタブレットを駆使した効率的な学習や事前準備を心掛けるようになりました。 指導を通じてプロの厳しさを垣間見ることもありますが、「どんなに厳しい現場でも、それを楽しいと思えるようになりなさい」といったプロとしての精神性まで含めた助言も、とても役立っています。 現在は広告代理店の通訳をメインに仕事をしていますが、将来的には自分の強みである金融分野、さらにはエンターテインメント分野での通訳を手掛けられるよう、勉強に取り組んでいきます。

ココが自慢

グループの強みを生かした専属通訳者制度

先輩の通訳パフォーマンスから学ぶ機会も

本格的な同時通訳システムを使ったトレーニングの様子本格的な同時通訳システムを使ったトレーニングの様子

サイマル・アカデミーの通訳者養成コースのひとつである「会議通訳コース」では、同時通訳技術を習得して国際会議で活躍できる通訳者の養成を目指している。コースは「会議通訳Ⅰ」と「会議通訳Ⅱ」の2レベルから成り、第一線で活躍する現役通訳者の実践的な指導を通じて次代を担うプロフェッショナル人材の育成を行っている。

「会議通訳Ⅰ」では同時通訳の基礎的能力の習得を目指した訓練を、「会議通訳Ⅱ」では同時通訳システムを使用した実践的なトレーニングを実施。さらに、スピーチ音源を使った訓練だけでなく、話者役を演じる受講生のスピーチをほかの受講生が通訳するなど、現場と同じ状況を設定した訓練も取り入れ、「聞きながら訳し続ける」「話者から遅れない」といった同時通訳に不可欠な瞬発的解析力や言語運用力を養成する。広範なテーマの演習を通じた知識・教養の強化や、仕事の段取り、パートナー通訳者との連携、会議通訳者としてのマナー、現場で起こりうるアクシデントへの対応法なども学ぶ。

エージェント直下のスクールである強みを生かし「会議通訳Ⅱ」を修了した受講生のうち、成績優秀者には通訳翻訳会社のサイマル・インターナショナル専属通訳者として登録の機会を用意。会議通訳者を見据えたキャリア形成に加え、先輩通訳者と現場を共にして先輩のパフォーマンスから学べる環境など、スキルと経験値の向上を図る機会も得られる。

Recruiting Summary

入学時期 毎年4月
10月
※その他、短期プログラムなど
受講資格 レベルチェック(無料)後、通訳者/翻訳者養成コースは通訳/翻訳テストの合格が必要
入学金 32,400円(期間限定・割引あり)
受講料(目安) 通訳者養成コース通訳I 272,160円
翻訳者養成コース基礎科 163,296円 ほか
※教材費・設備費含む
その他 中国語コースあり
4月・10月の募集時期に、これから学習を検討している人を対象とした現役通訳者・翻訳者によるセミナーを実施。また、夏にプロ通訳者・翻訳者向けの実践ワークショップを実施。詳細はWebサイトを参照

School Data

所在地 東京校
〒104-0061 東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビルディング4階
大阪校
〒540-6022 大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー22階
問い合わせ先 東京校
電話: 03-6226-3120
FAX: 03-6226-3331
大阪校
電話: 06-6910-1905
FAX: 06-6910-1906
Webサイト https://www.simulacademy.com/
コース 通訳者養成コース
翻訳者養成コース
準備コース(通訳・翻訳)ほか
開講時間 10:00~21:00 ※コースによる
通信・オンラインの有無 あり
インターネット講座
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019

通訳・翻訳業界総合ガイド2018-2019年度版