インタースクール

Top Interview

半世紀の間プロを育ててきた「インターメソッド」で受講生を導く

現場で評価される通訳者を育てる訓練を

宅美佳世子先生宅美佳世子先生
「話し方や態度など、授業では細かいところまでチェックします」

1966年に同時通訳者養成所としてスタートしたインタースクールは、通訳界の草分け的存在として、国際会議やビジネスなどの現場に多くの人材を送り出している。教室では、現場を熟知した講師陣が、受講生の能力向上に尽力する。

会議通訳コースの本科Ⅲを担当する宅美佳世子先生は、同スクールの卒業生であり、フリーランス通訳者として多忙な日々を過ごしている。本科Ⅲは、すでに身に付けたスキルを基礎に、現場で評価される通訳者になるための訓練を行うクラス。受講生はすでに通訳の仕事をしている人が多い。

「通訳者には、情報を整理する力、要点をつかむ力、素早く理解して素早く反応する力、ニュアンスの配慮が必要です。大変ですが、これらは訓練によって養うことが可能。当校では、その訓練を行っています」

さらに、宅美先生の指導は通訳スキル以外のことにも及ぶ。「声や口調など話し方も大事です。かわいらしすぎたり、控えめで自信がなさそうだったりするのはだめ。マイクがなくても相手に声が届かないといけないし、早口や、うるさく耳障りなのもNGです。授業では、そのようなことも指摘します」

すでに通訳者として働いている人にとって、そこまで指摘される機会はなかなかないだろう。「よくしようと思って指摘しているのだから凹まないでねと、受講生には言っています(笑)。要は相手が安心できる話し方になっているかどうか。その結果、たくさんいる通訳者の中から『ほかの人でなく、あなたにお願いしたい』と言われる通訳者になってほしいのです」

宅美先生は、よい通訳者とは画一的ではないと考えている。それぞれの受講生が個性と強みを生かして活躍することを願っている。

受講者の声

「常に自信のある訳を出す。それがプロ」

訓練で変わった英語への意識

松浦 俊さん松浦 俊さん
受講歴 2014年入学「会議通訳コース本科Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「専属通訳養成コース(当時)」修了現在「プロの通訳ワークショップ」受講中
存在が気にならないような自然で目立たない通訳がしたいです

大学卒業後、商社に就職。英語が好きで、高校・大学と留学経験もあったのですが、仕事ではほとんど英語を使いませんでした。英語を勉強し直そうと、インタースクールに入学したのです。

初めは通訳になるつもりはなかったのですが、勉強を始めてすぐ、通訳という仕事のおもしろさを知りました。同時に、自分の英語に対する意識も変わりました。自分で理解するだけではなく、常に聴いている相手がいるということを意識するようになったのです。

退職してプロの通訳者に

約3年、サラリーマン生活を続けながら、平日夜や土曜日にスクールに通う生活を続けました。授業のない日も、帰宅後は毎日リプロダクションとシャドーイングを1時間以上。大変でしたが、勉強が楽しくて、さほど苦にはなりませんでした。そして、せっかくおもしろい世界に足を踏み入れたのだから、できるところまでやってみようと決心し、通訳者としてのキャリアをスタート。現在は、外資系企業の社内通訳として日々、通訳業務を行っています。また、1年前からはインタースクールで通訳基礎コースの講師も務めています。

まだまだ駆け出しですが、いったん現場に出れば、お客様にとってはベテランと同じプロの通訳者。常に自分の訳に責任を持ち、自信のあるものを出さなくてはなりません。

本科受講中、宅美先生から「自分の訳を商品だと思いなさい」と言われたのが、ずっと心に残っています。訳に自信がなくて気弱な声が出てしまったときのことです。でも、実はそんな弱気は相手にとっては意味のないこと。声に出した時点で、訳は商品になる。商品を納品するのと同じことなのだと、通訳者の心の持ち方を知りました。

現在の目標は、来年3月までに官邸での通訳を実現させること。そして長期的には、フリーランスで安定的に稼働できるスキルを身に付けることです。

ココが自慢

基礎からプロ対応クラスまで、多彩なコース編成

プロ向けコースを新設

同時通訳ブースを使った現場さながらの訓練も同時通訳ブースを使った現場さながらの訓練も

インタースクールでは、通訳者養成コースとして、初心者のための「通訳基礎コース」や、実践的な訓練を通じてプロ通訳者を育てる「会議通訳コース」「ビジネス通訳コース」など、多彩なコースが提供されている。「会議通訳コース」「ビジネス通訳コース」では、創設以来半世紀の間に築き上げられた教育方法「インターメソッド」によって、訓練が行われる。

スクールの入口となるのは「通訳基礎コース」。このコースでは、通訳訓練を通して通訳者として必要な英語力と「人に伝えるための力」を身に付けることが目標となる。通訳の勉強は初めてという人や、通訳者は目指さないが英語力を高めたいという人には最適なコースだ。構文理解力、文法力・語彙力・リスニング力・リーディング力など、英語力を徹底的に強化するカリキュラムが組まれており、受講生は、入学時のレベルチェックテストによって自分のレベルに合ったクラスで勉強を始めることができる。

そして今年、さらに上級コースとして「プロの通訳ワークショップ」が新設された。このコースは、フリーランスとして仕事を始めて数年以内の人や、社内通訳からフリーランスへの転向を考えている人が対象。プロとしての価値を高めるには何が必要なのか、プロとして長く働き続けるためにはどうすればいいか、などのコツを、第一線で長年活躍するさまざまな現役通訳者が伝授する。

Recruiting Summary

入学時期 4月
10月
サマープログラム(短期7~9月開講)
ウィンター&スプリングプログラム(短期1~3月開講)
受講資格 希望コースに準じたレベルチェックテストの受験
受講説明会 開講時期に合わせてサンプルレッスン(要予約・無料)を実施
入学金 32,400円
受講料(目安) 86,400~447,120円
その他 ほかに
大阪校(06-6372-7551)、仙台校(022-215-4011)、
名古屋校(052-581-5599)、京都校(075-256-3685)、
広島校(082-246-4955)、福岡校(092-712-9549)、
金沢校(076-221-4870)
がある。コース、時間などは学校によって異なる。

School Data

所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4F
問い合わせ先 電話: 03-5549-6910
FAX: 03-5549-3204
E-mail: school-tky@intergroup.co.jp
Webサイト http://www.interschool.jp/
コース 英語(通訳・翻訳)コース
中国語(通訳)コース
韓国語(通訳)コース
ビジネス英語コースなど
通信・オンラインの有無 あり(インターeスクール翻訳講座)
開講時間 月・火・水・金曜: 9:30~20:30(祝日は休講)
木・日曜: 9:30~17:30(祝日は休講)
土曜: 9:00~18:30(祝日は休講)
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2019

通訳・翻訳業界総合ガイド2018-2019年度版