サイマル・アカデミー

Top Interview

"現場につながる"授業を通し多様なスキルをもつ通訳者を養成

プロの通訳者の視点から現場に必要な能力を培う

中島明子先生
「コミュニケーション能力や適応力も強化できます」

1965年、日本初の国際会議通訳集団として設立されたサイマル・インターナショナル。その教育機関であるサイマル・アカデミーは、現役で活躍する通訳者たちが講師を務め、主要国首脳会議など国際舞台で活躍する通訳者を数多く輩出している。

本校の出身者である中島明子先生も現役の通訳者。臨機応変に、あらゆる場面に適応できる通訳者を育てるべく、授業では常に〝現場につなげること〟を意識している。

「通訳者には語学力はもちろん、コミュニケーション能力や適応力などのスキル、何でも積極的に学ぼうとする好奇心、失敗にとらわれない気持ちの切り替えなど、多くのことが求められます。ですので、授業では今学んでいることが現場でどのように役立つのかを必ず説明します。例えばパラフレージングを行うときは、〝現場で単語が浮かばなくても、即座に違う言葉に言い替える技術を身に付けるための訓練である〟と説明。その結果、目的が明確になり、意欲的に授業に臨めるのです」

また、生徒がさまざまなバックグラウンドをもつこともサイマル・アカデミーの特長のひとつだ。

「授業は、それぞれの生徒がもつ知識や経験などを全員で共有できる場。そのため、できるだけ生徒の発した言葉や表現を活かしたアドバイスを心掛けています。私自身もサイマル・アカデミーで学んでいたときに先生やクラスメートと過ごした時間が、現在、通訳者として仕事をするうえでの宝になっています。卒業後もそのネットワークが続き、お互い切磋琢磨できるのは大きな魅力です」

中島先生の指導のもと、今後多くの通訳者が誕生し、さらなるネットワークが広がっていくだろう。

受講者の声

「経験に裏打ちされた指導が、実力を伸ばす」

通訳者の心構えまで学べる

川眞田爽果さん
受講歴: 3カ月 通訳Ⅱ、上級英語在籍中
プロならではの現場を見据えた授業を毎回、楽しんでいます

日本の大学を卒業後、海外の大学院に留学。通訳者になりたいと思い、大学院に在籍しつつ、サイマル・アカデミーで「通訳Ⅱ」と「通訳者をめざす人のための上級英語」を受講しています。

ここで学ぶ第一の目的は、ボキャブラリーを強化すること。私は英語も日本語も自分の知っている単語を使い回す傾向があるので、それを改善しつつ、人前で話せる発言力を身に付けるのが目標です。まだ受講して3カ月ほどですが、2コースを並行して受けている相乗効果で、少しずつボキャブラリーが増えてきました。また、日常会話でも起承転結を意識することで、話を要約する力がついてきたと感じます。

授業では、現役通訳者である講師から、常に現場を見据えたアドバイスをいただけるのが大きな魅力です。例えば、投資家説明会での通訳という設定の授業がありました。そこでは事前に配布されたゲスト一覧をしっかり頭に入れておくなど、実際の通訳の現場同様、その場を円滑に進めるための準備を万全に行う大切さを学びました。

もうひとつ印象的だったのは「通訳者には"機転"が必要である」という講師の言葉です。例えば「ため息が出る」という言葉も、聞き手の言語や文化に応じて「眉間にしわを寄せる」といった訳を選ぶなど、機転を利かせることの重要性に気付かされました。

切磋琢磨し、仲間と共に向上

サイマル・アカデミーの特長のひとつは、担任制で、講師が受講生一人ひとりをしっかり指導してくれることです。わからないことを、はっきり「わからない」と言える環境は貴重だと思います。クラスには、さまざまなバックグラウンドをもった生徒が集まっているので、お互いに刺激を受けつつ、連帯感をもって授業に臨んでいます。

場の空気を読みつつ、機転の利いた通訳者となれるよう、今後も勉強に励んでいきたいと思っています。

ほかにないカリキュラム

充実したキャリアサポート

在学中から実務を経験!

生徒のレベルに応じて実務経験の場を提供

サイマル・アカデミーは通訳・翻訳エージェント直下のスクールとしての強みを活かし、在学中からレベルに応じて、実際の現場で仕事ができる機会を提供。サイマル・グループの人材派遣・人材紹介会社に登録し、ビジネスの場で実践的な経験を積むことができる。「通訳準備」以上で実務経験が1年以上ある受講生には、逐次通訳を含むバイリンガルセクレタリーやプロジェクト付き通訳などの業務を、通訳コース修了以上ならウィスパー通訳や同時通訳を含むエグゼクティブ通訳など、より重要なポジションでの業務を案内。実務を通して、企業内の組織運営の仕組みや社内通訳に求められる要素を学ぶことができる。

また「通訳Ⅱ」以上の受講生は、母体であるサイマル・インターナショナルへ語学スタッフ登録ができ、展示会でのブースアテンド通訳や国際会議の受付、運営事務などの経験が可能。「通訳Ⅳ」を優秀な成績で修了した受講生は、フリーランス通訳者としてサイマル・インターナショナルに登録し、より高いスキルが求められる仕事に携わることができる。さらに「会議通訳Ⅱ」を修了後、成績優秀者にはサイマル・インターナショナル専属通訳者への推薦制度を用意。そのほか、希望者にキャリアカウンセリングを行ったり、卒業生が現場の体験談を話すセミナーを開催したりと多方面からキャリアをバックアップしている。

Recruiting Summary

入学時期 毎年4月、10月 その他、短期プログラムなど
入学資格 レベルチェック(無料)後、通訳者養成コース(通訳Ⅱ以上)/翻訳者養成コースは通訳/翻訳テストの合格が必要
入学金 32,400円(期間限定・割引あり)
受講料(目安) 通訳者養成コース通訳I 272,160円
翻訳者養成コース基礎科 163,296円 ほか
※教材費・設備費含む
その他 中国語コースあり
4月・10月の募集時期に、これから学習を検討している人を対象とした現役通訳者・翻訳者によるセミナーを実施。また、2017年8月には会議通訳者・長井鞠子による実践ワークショップを大阪にて実施予定

School Data

所在地 東京校 〒104-0045 東京都中央区築地1-12-6 築地えとビル3階
大阪校 〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜3-5-29 日生淀屋橋ビル4階
問い合わせ先 東京校
電話: 03-6226-3120
FAX: 03-6226-3331
大阪校
電話: 06-6223-0111
FAX: 06-6231-2447
Webサイト https://www.simulacademy.com/
コース 通訳者養成コース
翻訳者養成コース
準備コース(通訳・翻訳)ほか
通信・オンラインの有無 あり
インターネット講座 https://www.simulacademy.com/web/
開講時間 10:00~21:00 ※コースによる
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版