名古屋外国語大学大学院
国際コミュニケーション研究科

Top Interview

多文化共生社会を担う未来の「世界人材」を育成

現実のグローバル社会で通用する「実学」を重視

亀山郁夫学長
「語学力と創造的思考力で世界に羽ばたいてください」

人や情報が国境を超えて飛び交う時代に、世界からリスペクトされる人材を続々と輩出する名古屋外国語大学。国際コミュニケーション研究科で2015年からスタートした「グローバル共生コース」は「多言語多文化マネジメントプログラム」「公益通訳翻訳プログラム」の2つを有し、医療・司法・教育の現場で活躍できる人づくりを目指している。中学校・高校・英会話学校などの英語教師を対象とした「英語教授法(TESOL)コース」は、指導能力の向上を目的としたコース。現職教師が通いながら指導力のレベルアップに励んでいる。

自らもロシア文学の翻訳家として活躍する亀山郁夫学長は「グローバルな社会で生き抜くには、共感力・批判的思考力から生まれた『創造的思考力』が大切。世界共生マインドを持った『世界人材』として巣立っていただきたい」と語る。

社会人でも通いやすい履修制度・留学制度が充実

社会人学生が多く通う国際コミュニケーション研究科では、社会人支援の制度も充実。「科目等履修生制度」は入学前に履修生として授業を受けられる仕組みで、正規入学後には10単位(5科目)まで取得単位として算入可能。支払った授業料や入学金は2年次の授業料に充当され、仕事と授業を両立できるかを事前に把握できる。

また、3~4年かけて学位を取得する「長期履修学生制度」は、認められれば2年分の授業料で個人の事情に合わせて学ぶことができる。留学先の授業料、居住費、渡航費、教科書代など、留学にかかるほとんどの費用を大学が負担する「海外留学支援制度」も好評。返還の必要はなく、経済的な負担を気にせず世界に挑戦できる。

Recruiting Summary

入学時期 4月
出願資格 博士前期課程・社会人: 3年以上の社会人経験をある人
博士前期課程・英語教授法コース: 1年以上の英語教育の経験がある人
※詳細はHP参照
受講説明会 日程などの詳細はHP参照
入学金 100,000円
受講料(目安) 授業料(1期分)382,500円(英語教授法コースは 286,875円)
教育充実費(1期分)95,000円(英語教授法コースは 47,500円)

School Data

所在地 〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
問い合わせ先 大学院事務室
電話: 0561-75-1740
Webサイト http://www.nufs.ac.jp
コース グローバル共生コース(多言語多文化マネジメント/公益通訳翻訳)
英語コミュニケーションコース
日本語コミュニケーションコース
フランス語コミュニケーションコース
中国語コミュニケーションコース
国際関係コース
国際ビジネスコース
英語教授法(TESOL)コース
通信・オンラインの有無 なし
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版