NHKグローバルメディアサービス
バイリンガルセンター 国際研修室

Top Interview

NHKの現場で活躍する講師陣がプロの経験に基づいて指導

放送現場に最も近い通訳者・翻訳者養成機関

釜田昌幸先生
「限られた時間内の仕事はチャレンジでもあり面白さでもあります」

NHKグローバルメディアサービスは、NHKの報道系子会社として、ニュース・情報・スポーツ番組などの番組制作を行っている。その中にあって、「バイリンガルセンター」は約1000人、80言語の通訳者・翻訳者を番組に提供する機関。そして「国際研修室」は、同センターで働く通訳者・翻訳者の養成機関だ。ここでは、ニュース番組の同時通訳、ニュース原稿を翻訳するニュースライターなどを目指す人たちが学んでいる。

翻訳系コースで「日→英翻訳」「日→英放送翻訳」を担当する釜田昌幸先生は、「NHKスペシャル」の台本翻訳や海外向け「NHKワールド」の経済ニュースライターとしても活躍中。

「放送翻訳のクラスでは番組台本の課題が多くなりますが、私は小説、時事問題、科学、文化、スポーツなど幅広いトピックを扱うようにしています。NHKでの仕事を目指すのなら、どんな内容でもOK!という自信をつけてもらいたいですからね。

放送翻訳では、放送向けの英語は音として聞くものです。自分の翻訳した文章がどのように聞こえるかを確認する必要があるので、私は翻訳したものを音読することをすすめています。また、翻訳文は映像に合わせた表現や長さであること、海外で知られていないことには情報を付け加える、などのことも求められます。時間制限の厳しい現場で、どれだけ質の高い原稿を仕上げられるか。受講生には、しっかりしたライティングスキルを身に付けてもらいたいのです」

現場を熟知する講師からは、細かなコツも伝授される。プロの経験に基づく実践的な指導は受講生に好評。放送現場に近いNHKならではの利点だ。

受講生の声

「国際研修室は、質の高い英語に触れる絶好の場」

向いているのは、通訳か翻訳か

佐々木秀也さん
フリーランス翻訳者
受講歴: 「国際ニュース英語」「ライティング」「日→英翻訳」「日→英放送翻訳」(講座名は受講当時)、2005年度卒業
クラスメートとは、互いに意見を言い合い、切磋琢磨しました

質の高い英語を身に付けたいと思い、国際研修室に通いはじめました。ビジネス系講座ではビジネスだけになってしまう。ニュースを通じて英語を学べば、さまざまなジャンルに触れることができ、ひいてはビジネスにも応用できると考えたからです。

最初は通訳系のコースを受講しましたが、もともと書くことも好きだったので翻訳系の「ライティング」講座(講座名は当時)も受講してみたところ、自分は通訳より翻訳のほうが向いているということがわかりました。以来、ずっと翻訳系の道を進み、フリーランス翻訳者として働いています。

NHKでは「NHKスペシャル」の英語台本や「NEWSLINE」(海外向け放送「NHKワールド」内)のリポート英訳などを担当しています。「NHKスペシャル」はあらゆるジャンルを扱う番組なので、面白く、やりがいがあります。

国際研修室で学んだこと

講座受講中は順調というわけではありませんでした。1学期目はまったくだめで、悩んだ末にいったん休学。しかし再開後、訓練を続けていくうちに評価も上がってきて、2学期目には、あの悩みは何だったのだろうとまで思えるようになりました。翻訳に慣れてきたということなのでしょうね。

授業では常に「視聴者を意識して翻訳するように」と言われてきました。日本人ならひと言でわかることでも、海外の視聴者には伝わらないことがあります。そこをできるだけ説明しなければなりません。また、それと同時に「原稿を書いた人の気持ちを意識する」ということも教わりました。

これら、国際研修室で学んだことは、フリーランス翻訳者として仕事をするうえでの基本になっています。国際研修室は質の高い英語に触れられる場です。クラスでの授業も楽しく、クラスメートは、今もいい翻訳者仲間です。

ほかにないカリキュラム

より高いレベルを目指す人のための特別講座

3段階でステップアップする基本コース

ラウンジでは、自習したり、軽食を取ったりすることができる

通訳系・翻訳系ともに、講座は初歩から3段階でステップアップしていく編成になっている。

1段階目は、高度な英語力を完璧にマスターする「集中!英語マスター」レベル。2段階目の「実践! 通訳・翻訳」レベルでは、通訳・翻訳の実践を通じて専門的スキルを修得する。そして3段階目の「プロへのテイクオフ」レベルでは、プロの通訳者、翻訳者・ニュースライターとして最前線で活躍できる実力を磨く。優秀な受講生には、インターンとして放送現場で学ぶ制度がある。

上級者向けの特別講座も

これらの基本コースとは別に、毎年度さまざまな特別講座が企画される。2017年度前期(5・6月)の「プロ通訳者のためのレビュー&コンサルテーション」(全6回)は、通訳経験者を対象とした講座。より高いレベルを目指したい、新分野に挑戦したい、自分の実力を客観的に判断してほしいという人のために設けたもの。講座最終日には、ベテラン講師による個別コンサルテーションの時間が用意されている。対象となるのは、役員付き、商談、セミナー通訳などの経験者で、現在同校の受講生は対象外となっている。なお、受講者は後期(10月開講)の通訳コースに無試験で入学できるという特典がある。

Recruiting Summary

入学時期 4月、10 月(1学期は15回、1回の授業は2時間)
出願資格 特になし
受講説明会 参加要予約(詳細はHP参照
入学金 30,800円
受講料(目安) 123,400~154,200円
その他 USBメモリ代: 5,150円(通訳系クラスを受講する方のみ)

School Data

所在地 〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-5 NRビル6階
問い合わせ先 電話: 03-5453-3412
FAX: 03-5453-3486
Webサイト http://www.nhk-g.co.jp/kenshu/
コース 通訳系: ニュース英語Ⅰ・Ⅱ、Advanced Communication Skills・通訳基礎、同時通訳基礎、放送通訳、同時通訳Ⅰ・Ⅱ
翻訳系: ライティングスキルⅠ・Ⅱ、翻訳英語、日→英翻訳、日→英ニュースライティング、日→英放送翻訳
通信・オンラインの有無 なし
開講時間 詳細はHP参照
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版