日本映像翻訳アカデミー(JVTA)

Top Interview

映像翻訳者に必要な資質を育成し着実にプロデビューへ導く

6つの資質を磨く授業とプロへ導くサポート

藤田奈緒先生
「翻訳、映像が好きであれば、努力次第でプロへの道が開けます」

日本映像翻訳アカデミーは、字幕と吹き替え(ボイスオーバー、リップシンク)において、職業訓練といえる実践的な講義を行い、次代を担う映像翻訳のプロを養成している。主なカリキュラムは「英日映像翻訳科」「日英映像翻訳科」「ロサンゼルス校留学」。修了後のトライアルに合格後も、プロデビューまで手厚いサポートを実施。修了生の6割がデビューを果たしている。

同校が考える映像翻訳者に必要な資質が、「ソース言語解釈力」「翻訳力」「ターゲット言語応用表現力」「取材・調査力」「コンテンツ解釈力」「ビジネス対応力」の6つ。カリキュラムでは、これらがバランスよく組まれているため、受講生は課題をクリアするごとに着実にスキルを身に付けていく。入学からプロになるまでのロードマップが明確化されていることが、受講生にとって何より心強い点だ。

「映像、セリフ、ナレーションといった多くの情報を、感情を引き起こす言葉を使い、短くまとめるのが映像翻訳の肝。そのために日本語表現や、作品解釈の授業にも力を入れています」と話すのは、映像翻訳スクール部門リーダーの藤田奈緒先生。

受講生が多い「英日映像翻訳科」の総合コース・Ⅰの講義は全16回で、初めてでも楽しみながら、映像翻訳のエッセンスが学べる。また講義は基本的に教室で行われるが、全ての教室にカメラを設置しており、遠方在住の受講生もモニターを通して参加できるのも特徴だ。アルクと共同運営する通信講座「映像翻訳Web講座」もある。

「クラスごとに相談役がいて、小まめに個別面談を行うなど、サポート体制も充実しています。諦めさえしなければ必ずプロへの道は開けます」(藤田先生)

受講者の声

「映像翻訳をするための実践的なスキルが学べる」

リサーチの重要性を心に刻む

川瀬智美さん
受講歴: 10カ月
英日映像翻訳科実践コース在籍中
好きな作品のクレジットに私の名前が載るようになりたいです

私は今、フリーでビジネス翻訳の仕事を受けながら、日本映像翻訳アカデミーで英日の映像翻訳者を目指して学んでいます。映像翻訳は視聴者に作品を最後まで見てもらうために、興味を持続させるような訳が必要です。作品の盛り上がりはどこか、盛り上がりに合わせてどのような言葉を選ぶべきかといったプロの仕事のノウハウを、授業を通して自分のものとして考えられるようになりました。

授業で特に印象に残っているのは、「リサーチ8割」という先生の言葉。よい訳には、言葉の知識、文化などの背景知識、そしてその知識が本当に正しいのかという「裏取り」が大事という意味です。プロの心構えを先生が情熱的に教えてくれるので、モチベーションも上がりますね。

仲間と協力して知見をためる

このスクールに入ってよかったなと思うのは、切磋琢磨し合える勉強仲間ができたことです。同じ英文でも訳し方は十人十色ですし、自分の翻訳に対する第三者の意見をもらえるので、知見をためることができます。仲間とはよく、授業後に学校のフリースペースで疑問点や感想を話し合います。何人かで話していると、新たな気付きがあっていいですね。また、授業がない日は課題で提出した互いの訳文にオンライン上でコメントを寄せ合い、客観的な視点を磨いています。

私はどちらかというと内向的なタイプですが、このスクールは「これからの時代は内向的な人が引っぱる」とでもいうような、静かな内省力を尊重する雰囲気があるんです。クラスには価値観が似ている人が多いので、自然と気の合う仲間ができていました。

最初の目標は、実践コースを修了してトライアルに合格し、プロデビューすること。映像翻訳の仕事ができるようになったら、好きなクライムサスペンスの海外ドラマを翻訳してみたいです。

ほかにないカリキュラム

ロサンゼルス留学コース

1週間からの短期留学も可能

赤い屋根が印象的なロサンゼルス校の外観。ロサンゼルス国際空港から車で約20分のところにある

日本映像翻訳アカデミーの大きな特徴となっているのが、ロサンゼルス校への留学コースがあること。留学にあたっては、職業訓練を目的とするM-1留学生ビザを取得する。ロサンゼルス校があるトーランス市は、ロサンゼルス空港から車で20 分ほどという好立地だ。

用意されているカリキュラムは、東京校とは異なる独自のもの。映像翻訳専攻と通訳・実務翻訳専攻がある。また、東京校では別々になっている「英日映像翻訳」と「日英映像翻訳」の基礎を、約半年で集中的に学ぶことができる。さらに、ロサンゼルス校から東京校への編入、その逆のパターンも可能。映像翻訳「基礎クラス」「実践クラス」の修了後、トライアルに合格するとプロデビューができるのは東京校と同様だ。

また、英語力に不安がある人向けに、1週間からの短期留学が可能な「プレパラトリーコース」も用意。独自のプログラムにより、「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」といった総合的な英語力の向上を図る。修了後は映像翻訳基礎クラスや、通訳・実務翻訳入門クラスに進級できる。

英語の環境に身を置くことで、ネイティブの英語表現を学ぶチャンスがあり、教室で学んだことをすぐに生活の中で実践できるのがロサンゼルス校留学の魅力のひとつだ。

Recruiting Summary

入学時期 10月、4月(英日・日英の総合コース)
出願資格 【英日】総合コース・I 英語力不問
【日英】総合コース 英語力の目安 TOEIC730点以上
【M-1ビザLA留学】レベル判定あり。出願の目安としてプレパラトリーコースTOEIC400点以上
映像翻訳専攻、通訳・実務翻訳専攻TOEIC730点以上
講座説明会 7~10月、1~4月に随時開催。日程など詳細はHP参照
入学金 【英日】【日英】総合コース 32,400円
受講料(目安) 【英日】総合コースI 134,784円
【日英】総合コース 199,800円
【M-1ビザLA留学】プレパラトリーコース 5,120USドル
映像翻訳専攻/通訳・実務翻訳専攻 6,790USドル

School Data

所在地 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-4
共同ビル(日銀前)2階/3階
問い合わせ先 電話: 03-3517-5002
FAX: 03-3272-5057
Webサイト http://www.jvtacademy.com/
コース 英日:総合コースI・II・実践コース
日英:総合コース・実践コース
M-1ビザLA留学コース
日本語表現力強化コース
English Clock
映像翻訳Web講座など
通信・オンラインの有無 あり
開講時間 【英日】総合コースI
水曜 13:00~
木曜 19:00~
土曜 10:00~(すべて140分)
日曜 10:30~16:20(140分×2講座/70分の休憩あり)
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版