インタースクール

Top Interview

スクールで学び、現場で活かす。この「インターメソッド」が力を伸ばす

プロとしてのスキル、姿勢を身に付ける

中村真之介先生
「自分ができていないと自覚できる人は伸びる力を持っています」

同時通訳者専門養成機関として1966年にスタートし、今年50周年を迎える株式会社インターグループは、国際会議の企画運営、通訳者・翻訳者の派遣などを手掛ける異文化コミュニケーションのプロ集団。インタースクールは、同グループの通訳・翻訳・人材紹介、派遣部門を通じて多くの人材を輩出。活躍の場は、国際会議、政府機関、企業、放送など多岐にわたる。

会議通訳コース本科Ⅲを担当する中村真之介先生は、自らも会議通訳・放送通訳の現場で活躍する通訳者。「本科Ⅲのクラスは、逐次通訳から同時通訳への橋渡しという位置付けです。逐次通訳は耳で聞いてメモを取る。同時通訳は耳で聞いて同時に口を動かす。形は違いますが、聞いたことを頭で理解して別の言葉にして出すという点は基本的に同じです。同時通訳の訓練をすることで逐次通訳の精度も上がります」

まずは話の内容を理解し、伝えることが大事だと中村先生は言う。「現場では、通訳者以外は皆、専門家です。通訳者がその人たちと同じ知識を持つことはないので、各分野の知識や使用単語は、その都度勉強すればいいのです。重要なのは、その人がどんな立場にいて何を伝えたいのかを理解すること。それができれば、話の根幹を外すことはありません。受講生には、そうしたスキルを身に付けてほしい」

とはいえ、授業では、細かな部分まできっちり訳す訓練を繰り返す。現場でざっくり伝える通訳を繰り返していると、細かな部分が必要だということもわかってくるからだ。インタースクールでは、在学中から受講生のレベルに応じた現場を提供するシステムがある。スクールで学びながら現場に出ることの意味は、そこにある。

受講者の声

「スクールは自分の通訳技術を振り返る場」

通訳はずっと続けたい仕事

菅沼可緒里さん
会議通訳コース本科Ⅳ在籍中
受講歴: 会議通訳コース本科Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ
日がたつにつれて、スクールで学んだことが実務で身になっていると感じます

高校から留学し、約10年間アメリカで暮らしました。帰国後、日本企業で営業職に就き、育児のために休職、そして復帰しました。その後、「ずっと続けられる仕事をしたい」と思ったとき、通訳という選択肢がありました。しかし、プロの通訳者になるには訓練が必要だと思い、インタースクールに入学しました。会議通訳コース本科Ⅱから始めて、現在はⅣの修了を目指しています。

これまで、医療機器メーカー、コンサルタント会社などで社内通訳を経験してきましたが、現在は、米国アパレルメーカーの通訳チームに所属しています。複数の通訳者がいて、社内のさまざまな部署からの依頼を受けます。ここでは約9割が簡易装置を使った同時通訳です。

細かいアドバイスでスキルアップ

日中働きながら、週2回スクール(平日夜と週末)に通っています。予習・復習もするので実際のところ大変ですが、私にとってスクールは自分の通訳を振り返る重要な場です。

スクールではいろいろな分野の教材があり、仕事とは違う緊張感がありますが、国内外の政治や経営などの知識を得ることができます。講師からは毎回の授業で、内容の正確さはもちろんのこと、聞きやすい訳(日本語も英語も)を出すこと、口癖、滑舌、声の大きさなどを指摘されることもあります。そのような細かいアドバイスを受けることが、スキルアップにつながっていると実感しています。また自分のパフォーマンスを録音するので、自分の通訳のうまく訳せていたところとそうでないところを、自分で確認することもできます。

今、こうして通訳を仕事としてやってみてわかったのですが、私は通訳の仕事が好きです。まだまだ学ぶことは山積みですし、通訳者として初歩の段階だと思っていますが、将来は聞く人の心に届く会議通訳者になることが目標です。

ほかにないカリキュラム

通訳だけでなく、翻訳コースも充実

翻訳の基礎から各分野のコースへ

「インターeスクール」はいつでもどこでも自分のペースで学習が可能

インタースクールは優秀な会議通訳者を多く輩出していることで知られているが、実は翻訳者養成にも力を入れており、確かな実績もある。

翻訳に関するコースとしては、プロ翻訳者に必要な基礎固めをする「翻訳基礎コースレベルⅠ・Ⅱ」から始まり、「ビジネス・広報・マーケティング翻訳コース」「技術・機械翻訳コース」「金融・IR翻訳コース」「医薬翻訳Workshop」「契約書翻訳Workshop」など、目指す分野ごとにコースが設けられている。各クラスは定員10名で、それぞれの分野を得意とする講師が受講生をプロ翻訳者への道に導く。

また通学が困難という人のためには、パソコンなどを使ってオンライン講座を受講する「インターeスクール翻訳講座」も設けられている。自宅で、自分のペースで学びながら翻訳者を目指す人も多い。2017年7月より、通信&スクーリング型で、最短4カ月でプロデビューを目指す「クラウド翻訳者養成講座」も新設する。

通訳コースには、近年注目の「医療通訳(英語・中国語)」や、ビジネス現場直結の「ビジネス通訳」「社内通訳者養成」コースもある。全国8カ所のスクールでは、さらに地域ごとに特色ある講座(中国語通訳、韓国語通訳、フランス語通訳)を展開。どのコースも、仕事での需要が高いことからスタートしたもので、長年現場が必要とする語学プロフェッショナルを輩出してきたスクールである。

Recruiting Summary

入学時期 4月、10月
サマープログラム(短期7~9月開講)
ウィンター&スプリングプログラム(短期1~3月開講)
出願資格 希望コースに準じたレベルチェックテストの受験
受講説明会 開講時期に合わせてサンプルレッスン(要予約・無料)を実施
入学金 32,400円
受講料(目安) 86,400~447,120円
その他 ほかに
大阪校(06-6372-7551)、仙台校(022-215-4011)、
名古屋校(052-581-5599)、京都校(075-256-3685)、
広島校(082-246-4955)、福岡校(092-712-9549)、
金沢校(076-221-4870)
がある。コース、時間などは学校によって異なる。

School Data

所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4F
問い合わせ先 電話: 03-5549-6910
FAX: 03-5549-3204
E-mail: school-tky@intergroup.co.jp
Webサイト http://www.interschool.jp/
コース 英語(通訳・翻訳)コース
中国語(通訳)コース
韓国語(通訳)コース
ビジネス英語コースなど
通信・オンラインの有無 あり(インターeスクール翻訳講座)
開講時間 月・火・水・金曜: 9:30~20:30(祝日は休講)
木・日曜: 9:30~17:30(祝日は休講)
土曜: 9:00~18:30(祝日は休講)
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版