ILC国際語学センター

Top Interview

ビジネスで使える英語力を鍛え、人材を育成する

ネイティブ講師が日本語で行う講座

アントニー・フィッシャー先生
「複雑な英文である必要はありません。
まずは短い文でも正確に」

グローバルに活躍できる人材を育成するべく、1968年に設立されたILC国際語学センター。プロ翻訳者を養成する実務翻訳プログラムのほかに、専門英語・ビジネス英語を軸とした外国語教育を行っている。

なかでもビジネス分野については、さまざまなビジネスシーンを想定した講座を開講。今回は「ビジネス和文英訳講座」を担当するアントニー・フィッシャー先生にお話を伺った。この講座は、実際にビジネスの現場でよく使われる文書の英訳を学ぶ。授業では、英文Eメール、挨拶文・スピーチ、議事録、取扱説明書、パワーポイント作成など、さまざまな文書を翻訳するので、プロの翻訳者を目指す人だけでなく、会社で英訳や英文作成業務を行う人も多く受講している。

「教材には、英訳しづらい日本語表現を多く取り入れています。例えば『お手数ですが』など、文化の違いを背景とする表現です。また、プレスリリースでは人にアピールする英文を、取扱説明書では意見や感情が入らない英文を、挨拶文・スピーチでは文語と口語の違いも学んでほしいですね」

日英の表現の違いはもちろんのこと、日英の考え方の違い、英語の中での丁寧度の違いなどを学べるのも、講師がネイティブであることの利点だろう。

「初めての人はどこから訳したらいいのか戸惑うでしょうが、主語・動詞・目的語という基本に沿って、意味を正確に伝えることが大事です。短い文でいいから正確に。それを積み重ねていて、ある時期から突然きれいな英文が作れるようになった生徒を何人も見てきました。これは和文英訳講座ですが、最終的には、ゼロから英語の文書を作る力がつきます」

受講者の声

「受講生に寄り添ってプログラムを組んでくれる学校」

最初はプライベートレッスンで

坂部由紀子さん
受講歴: プライベートレッスン、ビジネス和文英訳講座など
添削は真っ赤でも、よい部分を見てもらえた。充実した3カ月でした

ILC国際語学センターとの出会いは、今から20年前のこと。私は都内の私立中学校で音楽科教諭をしていますが、学校から突然、生徒を引率して海外研修に行くよう言われたんです。そのために急きょ英会話を勉強する必要に迫られ、この学校のプライベートレッスンを受けたのです。その後も教育の国際会議などで海外へ行く前に、実際の場面をシミュレーションしながらという英会話のレッスンを受けていました。

2014年から2016年にかけて、イギリスで大学院生活を送りました。その間ずっと、自分の言いたいことをもっと自然な英語で表現したいと感じていたのです。また、当時の指導教官から「このメール文はイギリスではちょっとそぐわない感じになる」などと指摘されたこともあり、帰国後、「ビジネス和文英訳講座」の受講を決めました。

受講生の訳文を活かした添削

初めの課題は、文字通り真っ赤に添削されて戻ってきました。でも、アントニー先生は、常によい部分をほめつつ、私の訳文を活かした添削指導をしてくださるので、モチベーションが下がることはなかったですね。途中、少し英語の文章に慣れてきた頃、私が少し凝った英文を作ろうとしたとき、「もう少し簡潔に書いてごらんなさい」と指摘されて、ハッと気づいたんです。相手に伝える方法は持って回った文でなくていいのですね。こういう点が特に、ネイティブ翻訳者が日本語で解説する授業の素晴らしさだと思います。

授業では受講生たちの課題を全員で見るのですが、同じ訳はありません。それぞれ特徴があったり、いい表現があったりと、間違った箇所も含めてとても勉強になりましたね。課題提出の締め切りに毎週追われて大変ではありましたが、クラスの仲間との交流もあり、この授業を受けた3カ月は、とても楽しく充実した時間でした。

ほかにないカリキュラム

グローバルリーダー向けビジネス英語コース

プライベートレッスンできめ細かく指導

一人ひとりの受講生カルテを作成し、より的確なアドバイスとサポートを提供する

ILC国際語学センターでは、実務翻訳プログラムだけでなく、ビジネス英語コミュニケーションのレッスンも学ぶことができる。「グローバルリーダー・ランゲージ・トレーニング・コース」(GLLT)は、管理職、プロジェクトリーダーなど国際業務職に携わるグローバルリーダーのためのビジネス英語プライベートレッスンのコース。カリキュラムは、「ロジカルディスカッション」、「ミーティング&テレフォンカンファレンス」、「プレゼンテーション」、「ネゴシエーション」、「ビジネスライティング」とビジネスシチュエーション別に分かれている。それぞれのシチュエーションに特化した英語スキルに焦点を当て、論理性と説得力のある英語力を養成することを目指す。

コースの特徴は、受講生一人ひとりの必要なスキルや状況に合わせてレッスンをカスタマイズできること。「ロジカルディスカッション」では、受講生の業務や関連するトピック、新聞記事を基にディスカッション演習を行い、「プレゼンテーション」ではトピックを業務に関連する内容で作成する。レッスン修了時には、業務ですぐに使えるパワーポイント資料を作成できるようになる。

そのほかにも、海外出張・赴任前の短期集中レッスンや英語試験対策など、目的やレベルに応じてレッスンを提供。ビジネスで使える英語力を身に付けたい人におすすめだ。

Recruiting Summary

入学時期 4月、10月
出願資格 翻訳レベルチェックテストの受験
受講説明会 8~9月、2~3月に無料説明会(要予約)、体験レッスン(要予約)あり
無料個別カウンセリングは随時受付中
入学金 6カ月コース 25,000円
3カ月コース 10,000円
受講料(目安) 6カ月コース 165,000円~
3カ月コース 81,000円

School Data

所在地 東京校 〒107-0052 東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル2階
問い合わせ先 東京校
電話: 03-3568-1674
FAX: 03-3568-1774
Webサイト http://www.ilc-japan.com/tokyo/
コース ビジネス和文英訳講座
メディカル翻訳(初級・上級)
証券金融翻訳
通信・オンラインの有無 あり(通信ビジネスライティングコース)
開講時間 詳細はWebサイトを参照
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版