フェロー・アカデミー

Top Interview

入門から上級へ、そして仕事へ。翻訳の全てをつなげるシステム

翻訳の基礎となるのは正しい英文解釈

松村哲哉先生
「翻訳者になる道はひとつではありません」

1975年の創立以来、多くの翻訳者を世に出し、実績を築き上げてきたフェロー・アカデミー。翻訳に初めて接する人からプロの翻訳者まで、実に幅広いレベルの講座ラインナップが特徴だ。

初めて翻訳を学ぶ人のために設けられているのは「翻訳入門」の講座。基礎となる文法力を強化しながら翻訳のコツを学ぶ。授業ではテキストを使って英文法の重要項目を復習しながら、毎回、課題を提出。これを講師が添削することで、受講生は自分の弱点を克服していく。

「翻訳入門」担当講師の一人、松村哲哉先生はこう話す。

「このクラスでは、辞書に載っている訳語だけでは自然な訳文にはならないということを学びます。believeは『信じる』ですが、日本語では『信じる』を軽々しく使いません。『間違いなく~だと思う』などのように『思う』という言葉を使ったほうがしっくりくる場合が多いでしょう。辞書に載っている言葉だけで訳せると考えるのは間違いです」

松村先生自身も百貨店を早期退職して49歳からフェロー・アカデミーで学び始め、現在はフリーランスの翻訳者として活動している。

「受講生の年齢、経歴はさまざま。勉強はいつからでも始められます。翻訳で重要な能力は、英文読解力、日本語表現力、調査能力です。どれかひとつが劣っていると、その劣っている能力でその人の翻訳力が判断されてしまいます。授業ではこの3つをバランスよく学習していきます」

「翻訳入門」クラスで学んだ後、受講生は、希望により「実務翻訳」「出版翻訳」「映像翻訳」とコースを定めて、初級・中級・上級へと進んでいく。

受講者の声

「上京して1年間通学し、念願の翻訳業界に就職」

1年間、翻訳の勉強に集中

桐木朋子さん
受講歴 カレッジコース
経験したこと全てを 翻訳に活かしたい

大学卒業後、地元の広島で働いていたのですが、翻訳を学ぶため一念発起して上京。就職サポートが手厚く、1年間、幅広い翻訳がバランスよく学べる総合翻訳科カレッジコースに入学しました。

カレッジコースでは、翻訳入門、日英基礎に加え、実務・出版・映像という翻訳の三大分野を学べます。特に楽しかったのは「出版翻訳」の授業ですね。小説の訳し方にはその人の個性がよく表れます。クラスメートの訳文を見て「こんな表現を使うんだ」と、毎回新鮮な驚きがありました。「児童文芸」では、難しい言葉は使えないけれど、幼稚な言い方になりすぎてもいけない。言葉の選択の難しさを痛感しました。

英語が好きで、前職でも英語を使う仕事をしていたものの、入学当初は周りのレベルの高さに落ち込み、自分よりも年下の人が多いなか、少し焦る気持ちもありました。そんなとき先生が、「翻訳者にとって年齢はハンデにならない。いろいろな経験をして年を重ねてきた人は、それだけいい文章が書ける」とおっしゃったんです。その言葉がとても励みになり、時間をかけて自分なりに課題に取り組んでいけばきっと大丈夫だと、気持ちを切り替えられるようになりました。

授業で学んだことを仕事で実践

現在は翻訳会社で実務翻訳に携わる仕事をしています。フェロー・アカデミーで学んだこと、とくに、調べ物のコツは、今の仕事にとても役立っています。実務翻訳では、その分野の専門家が読んでも自然な日本語で、しかも内容が正確でなければなりません。たくさん調べて、いろいろな角度から正しい情報かどうかを検証したうえで、読みやすい文章になるように工夫しています。

理想とするのは、翻訳だと感じさせない、最初から日本語で書いてあるような翻訳です。それを目指して、今後も努力していきたいです。

ほかにないカリキュラム

約550社からの求人情報を活用

多くの受講生をプロへ導く

自分の目標に適した講座を、レベルに合わせて組み合わせて受講できる

フェロー・アカデミーでは、年間200 以上の講座が開講されている。翻訳について学びたい人は、レベル・目的・ライフスタイルを問わず、必ず勉強の場が得られる。すべてのレベル・分野は通信講座でも学ぶことができ、海外や遠方に住む人にも好評。ライフスタイルの変化に合わせて、通学から通信へ、通信から通学への転向も可能だ。

また、受講生の仕事獲得支援が手厚いのもフェロー・アカデミーの特徴のひとつといえる。一般に翻訳実績のない人が企業などから仕事を得るのは難しいものだが、フェロー・アカデミーの受講生は講師や学校からの推薦によって、未経験でも仕事のチャンスを広げることができる。その際、受講生の強い味方となるのは、「アメリア」の存在だ。

「アメリア」はフェロー・アカデミーを母体として誕生した翻訳者ネットワークで、翻訳会社、出版社、映像制作会社など、約550 社が協力会社として登録している。求人数は、常時250 件以上と、国内最大の規模を誇る。

受講生にとって、「アメリア」はプロの翻訳者への入口ではあるが、それだけでは終わらない。プロとして仕事をするようになってからも、翻訳業界の情報収集、翻訳者同士のネットワークづくり、スキルアップなどに役立つ場になっている。

Recruiting Summary

入学時期 総合翻訳科カレッジコース: 4月
総合翻訳科ベーシック3コース: 1月、4月、9月
単科: 1月、4月、7月、10 月(講座によって異なる)
通信講座: 随時
講座説明会 随時実施、体験レッスンあり
受講料 980,000円(カレッジコース)
350,000円(ベーシック3コース)
68,000円~(単科)
26,000円~(通信)
※いずれも税抜価格

School Data

所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-6 翻訳会館
問い合わせ先 電話: 0120-024-240(フリーダイヤル)
FAX: 03-3475-5082
E-mail: info@fellow-academy.com
Webサイト http://www.fellow-academy.com
コース 総合翻訳科
単科
通信講座など
通信・オンラインの有無 あり
開講時間 平日 9:00~21:00
土曜 9:00~17:30
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2018

通訳・翻訳業界総合ガイド2017-2018年度版