神戸市外国語大学大学院
外国語学研究科 英語学専攻 通訳翻訳学領域

Top Interview

ダブル・マスタープログラムで通訳翻訳学の学位取得をめざす

専門の教授陣による濃密な授業を提供

長沼美香子准教授
「海外の大学院と提携したダブル・マスタープログラムも加わりました」

今年創立70周年を迎えた神戸市外国語大学。大学院の英語学専攻通訳翻訳学領域では、実践面で活躍できる高度職業人を育成するだけでなく、学術的な研究者への道も開かれている。「論文コース」と「課題研究コース」の二本立てだ。

「通訳学や翻訳学という学術研究は比較的新しい分野。言い換えると、広大な未知の領域が残されています。専門職として実践を積んだ通訳者・翻訳者が実務研究者として活躍することで、経験を生かした成果も期待できると考えています」と長沼美香子先生は話す。

通訳学や翻訳学は学際的な研究であり、関連する講義を受講できるのも特色で、言語学、文学、コミュニケーション学など多彩な授業が受けられる。また、神戸市看護大学と協力した医療通訳の研究、現代アメリカ文学の第一人者である柴田元幸先生を客員教授に招くなど、活気にあふれている。

さらに2015年度からはオーストラリアのモナッシュ大学との提携による、ダブル・マスタープログラムも始まった。これは1年目をモナッシュ大学で、2年目を同大学で履修し、2年間の課程修了時に双方の修士号が同時に取得できるというものだ。「現在日本で、通訳翻訳学のダブル・マスターを導入しているのは本学だけです。本学への2年分の授業料のみで、本来なら4年分にも相当する密度の高い内容を学ぶことができるうえ、NAATI(オーストラリア国家認定資格)も取得できます」と長沼先生。

国内では通訳翻訳学の学位を取得できる大学はないが、モナッシュ大学ではそれが授与される。専門職としての学位は強い武器になるだろう。英語で異文化コミュニケーションを行うことで得られる気付きや学びも得がたい財産となる。

Recruiting Summary

入学時期 4月
出願資格 詳しい情報は、修士課程募集要項をご覧ください。なお、モナッシュ大学とのダブル・マスタープログラムには、英語能力要件があります。
進学説明会 10月27日(木)福岡会場、11月9日(水)神戸会場
詳しい情報はHPにて
入学金 42万3000円(市外在住)
29万7000円(市内在住)
授業料(目安) 53万5800円(年額)

School Data

所在地 〒651-2187 兵庫県神戸市西区学園東町9-1
問い合わせ先 研究所グループ 大学院班
電話:078-794-8238
FAX:078-794-8160
E-mail:grad_kcufs@office.kobe-cufs.ac.jp
Webサイト http://www.kobe-cufs.ac.jp/
コース 外国語学研究科 英語学専攻 通訳翻訳学領域
通信・オンラインの有無 なし
開講時間 1限~5限
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017

通訳・翻訳業界総合ガイド2016-2017年度版