インタースクール

Top Interview

半世紀の蓄積から生まれた訓練メソッドで次代のプロを育てる

ここはプロ通訳者を育てる訓練の場

平井聖一先生
「自分と一緒に総理大臣記者会見で同時通訳をする人を育てたい」

1966年に設立された株式会社インターグループは、国際会議・学会・イベントなどの企画運営、通訳・翻訳業務などを手掛ける語学のリーディングカンパニー。その中で、インタースクールの受講生・卒業生が担う役割は大きい。

通訳コースの講師でありチーフコーディネーターでもある平井聖一先生は、インタースクールを「職業訓練の場」だと言う。

「ここは、第一線で活躍する本物のプロを養成する場です。プロ通訳者になるためにはやらなければならないことがいくつかあり、その訓練を日々淡々とやっていくことがプロへの道。その結果は、お客様から『また次もお願いします』と言っていただけるか、いただけないかに表れます」

では、プロになるための訓練とはどのようなものか。

インタースクールには、半世紀の間、プロを育みながら作り上げてきた独自の通訳者育成法がある。インターグループ通訳部門とインタースクールとが一体となって新人通訳者を現場で鍛えるのが「インターメソッド」である。社内で定期的にミーティングを持ち、新人の稼働状況を確認し、今後どのような案件を任せるかを協議する。その中でインターグループ専属通訳者である平井先生が受講生・修了生とペアを組み、現場に出ることもあるという。講師がそのまま同僚になることは受講生にとって大きな励みとなる。

インターメソッドで鍛えられた通訳者は、現在、政府公庁、国際機関、企業などの第一線で活躍している。

「日本人の英語力が高まっていく中、プロ通訳者への要求は、今後ますます高くなっていくでしょう」と、平井先生は言う。

受講者の声

「受講生の努力に応えてくれるスクール」

実践すれば伸びる!

瀧澤充希さん
IR通訳コース
受講歴 英語専修コース、会議通訳コース、プロ準備科など、通算3年

現在はコンサルティング会社の社内通訳をしています。スクールでは今の通訳レベルよりはるかに上のレベルが求められます。スクールで教えられた勉強法を言われた通りに実践すれば伸びるということも、経験でわかってきました。インタースクールでは、師匠として尊敬できる講師に出会い、そのことを教えていただいています。

尊敬する講師からは、同時通訳のスキルは毎日の訓練によって得られると言われていますので、私は毎晩3時間ぐらい家でリプロダクション、数語遅らせてのシャドーイングをはじめ、通訳練習をしています。

ほかにも授業の予習・復習があります。予習としては単語を調べたり、授業でとりあげるスピーカーの話し方や声をYouTubeで聴いたりするのですが、単語を調べる場合もただ日本語訳するだけでは自分の言語として使うことができないので、その背景を調べます。本番の通訳準備そのままですね。復習としては、違った言い方でも通訳できるように何度もやり直します。

正しく評価し応えてくれる

授業に出ている時間以外にもやるべきことはたくさんあるのです。こういう状態を指して「インタースクールは厳しい」と言われるのかもしれませんが、私は、本当に成長したくてやっている人には決して厳しいことではないと思います。それに、インタースクールは、受講生のそんな努力を正しく評価し応えてくれるスクールです。ですから受講生は、課題や予習で100を期待されているなら120をやっていこう、という気持ちになるのです。プロになるというのはそういうことなのだと思います。

「ただ授業に出席しているだけでは上達しない。プロ通訳者になるためには訓練あるのみ」という師匠の言葉を、機会あるごとに実感させられている毎日です。今後は、インターグループ会議通訳者として、デビューすることを目指します。

ほかにないカリキュラム

幅広いコース、レベル設定

英語通訳コースは基礎からプロ支援まで

ブースを模した設備で現場さながらの練習も可能

インタースクールは、「英語通訳コース」がよく知られているが、その中にも「会議通訳」「ビジネス通訳」「IR通訳」「医療通訳」など目的に応じたコースがある。これらのコースにはレベルごとにクラスが用意されているので、受講生はそれぞれの力に合った最適なクラスからスタートすることができる。そして、最もレベルの高いクラスとして「プロ選抜科」がある。このクラスは、1年後にプロ通訳者としてデビューすることを前提としており、受講希望者には入学試験が課せられるが、修了後はインターグループがプロデビューを後押ししてくれる。

社会が必要とする力を養うさまざまなコース

「 英語通訳コース」以外に、英語力を鍛える「英語専修コース」、プロ翻訳者を養成する「翻訳コース」、「中国語コース」、「韓国語コース」、「フランス語コース(大阪校のみ)」などがあることもインタースクールの特色だ。全国8カ所にあるスクールでは、さらに地域ごとに特色ある講座(インバウンド向けの観光通訳、医療通訳など)が展開されている。

どのコースも、現場の要求が多いことからスタートしたものだ。インタースクールは、現場が必要とするプロを育てる場といえる。

Recruiting Summary

入学時期 4月、10月、サマープログラム(短期7~9月開講)
出願資格 無料サンプルレッスンを体験後、レベルチェックテストを受験
講座説明会 開講時期に合わせてサンプルレッスン(要予約・無料)を実施
入学金 32,400円
受講料(目安) 86,400~675,000円
その他 ほかに
大阪校(06-6372-7551)、仙台校(022-215-4011)、
名古屋校(052-581-5599)、京都校(075-256-3685)、
広島校(082-246-4955)、福岡校(092-712-9549)、
金沢校(076-221-4870)
がある。コース、時間などは学校によって異なる。

School Data

所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4F
問い合わせ先 電話:03-5549-6910
FAX:03-5549-3204
E-mail:school-tky@intergroup.co.jp
Webサイト http://www.interschool.jp/
コース 英語(通訳・翻訳)コース
中国語(通訳)コース
韓国語(実践・通訳)コース
サマープログラム
など
通信・オンラインの有無 インターeスクール翻訳講座
受付時間 月・火・水・金曜:9:30~20:30
木・日曜:9:30~17:30
土曜:9:00~18:30(祝日は休講)
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017

通訳・翻訳業界総合ガイド2016-2017年度版