フェロー・アカデミー

Top Interview

普通の翻訳者ではない、一流の翻訳者を育てる

プロ翻訳者の根本を作り上げる3カ月

豊田憲子先生
「翻訳はお客様の利益に貢献してこそという点を意識してください」

フェロー・アカデミーは創立41年を迎える翻訳スクールの老舗。多彩な講座の根幹をなすのは「総合翻訳科ベーシック3コース」だ。これは、翻訳3分野(実務・出版・映像)について、週3回、3カ月間で学ぶコース。翻訳者としての基盤を作り上げ、どんな分野の仕事にも対応できる総合力を養う。このコースを修了後は、専門を決め、さらにスキルを究める方もいれば、即トライアルを受けて仕事を始める方もいる。

3分野7つの科目は、それぞれ現場を知り尽くした7人のプロが指導する。「実務基礎」を担当するのは指導歴20年の豊田憲子先生。「私の授業では表面的な記述に振り回されず内容の本質をつかむことが大切だとお話しています。なぜその言葉を選んだのか、深く分析することが必要です。例えば映像翻訳なら、そのセリフがどのような思いで語られたのかを理解して言葉を選択しなくては監督の意図は伝わりませんね。伏線との関係まで分析し、本質を見ることが必要なのです」

翻訳者としてのこのような姿勢は、どの分野でも変わることはないという。

「プロの翻訳者には、お客様の立場で考えるという目線も必要です。特に実務翻訳はリアルな世界と直結していますから、お客様の利益実現を考えたうえで翻訳の立ち位置を考えて決めなければなりません。それがプロの姿勢です。自分本位ではなく相手目線で動ける翻訳者でなければ、これから先、生き残ることは難しいでしょうね」

「ベーシック3コース」の受講生は、このようなプロの知恵を7人の講師から伝授される。このコースから、一流の翻訳者が巣立っていくのは当然のことだろう。

受講者の声

どんな分野にも対応できる力を得た3カ月

金融・経済記事を翻訳する毎日

藤澤將雄さん
受講歴 ベーシック3コース
金融・経済翻訳者

1990年から10年間、ニューヨークでホテルマンとして働き、帰国後、翻訳の勉強を始めました。金融出身ではない私が金融記事の訳者になれたのは本当にラッキーでした。実は私は、出版翻訳を希望してフェロー・アカデミーに入学しました。しかし、3カ月間さまざまな分野の翻訳を学ぶうちに、出版、映像、実務それぞれの面白さを知り、分野が違っても翻訳への取り組み方やテクニックは同じだということを学びました。修了後の仕事探しでは翻訳者ネットワーク「アメリア」にお世話になりました。

現在は、日曜を除く毎日、金融誌『ウォール・ストリート・ジャーナル』や『バロンズ』の記事を翻訳しています。金融・経済記事は、とにかく正確であることが求められます。数字、固有名詞の表記はもちろん、内容についても必ず裏を取るようにしています。ネットや新聞で欧米のニュース動画のチェック、エクセルで作成した金融用語集の更新も大切な日課です。

自信を失いかけたことも

フェローで受講していたころは、何度も壁にぶつかりました。海外生活が長かったせいか、すべてのクラスでつたない日本語表現を指摘されることが多く、自信を失いかけたこともありました。私は日本語力に磨きをかけるべく、優秀な講師陣の訳文を書き写すことで、文体・リズム・表現などを盗もうとしました。小説、雑誌、新聞など、活字を読む量も意識して増やしました。そうした地道な努力の甲斐もあり、ベーシック3コース修了時にはとても高い評価をいただくことができました。当時は経験不足で翻訳のスピードも遅く、これで本当に食べていけるのだろうかという不安もありましたが、いろいろな分野の求人に応募し、丁寧な仕事を心がけてきたことがよかったと思っています。

今後もエンタメやスポーツ記事、ゲームなど、金融記事以外の分野にも挑戦していくつもりです。

ほかにないカリキュラム

多彩なカリキュラムと豊富なお仕事

200の講座で、どんな学び方も可能

自分のレベル・目的に合わせて自分に適した講座を自由に組み合わせることができる

フェロー・アカデミーでは年間200以上の講座が開講されており、翻訳を学びたい人は、経験、目的、ライフスタイル、住む地域を問わず、学び方を選べるシステムになっている。

通学で学ぶ場合は、週5日全日制のカレッジコース(1年)、週3日のベーシック3コース(3カ月)のほかに、分野別の単科(週1回、隔週、月1回など)がある。単科の中級・上級クラスには、専門分野の知識を高めようと、すでに他分野で翻訳者として仕事をしている人やブラッシュアップを目的とする人も多く通っている。

一方、通信講座も、海外や遠方にお住まいの方でも自由な時間に学べるという点で人気が高い。通学講座で学んでいた人が通信講座に転向することも可能だ。

さらに、テーマを絞って行われる短期集中講座や、オンライン講座もラインナップしている。翻訳はプロになったとしても常にスキルアップが必要な仕事。翻訳界の新しい流れに応じた知識、情報などを求めて受講する人は多い。

また、受講生や修了生の仕事獲得を助けるシステムも整っている。フェロー・アカデミーを母体として作られた翻訳者ネットワーク「アメリア」には、翻訳会社、出版社、映像プロダクションなど約500社が協力会社として参加しており、常時250 件以上の求人が寄せられている。

Recruiting Summary

入学時期 総合翻訳科ベーシック3コース:1月、4月、9月
総合翻訳科カレッジコース:4月
単科:1月、4月、7月、10月(講座によって異なる)
通信講座:随時
講座説明会 随時実施、体験レッスンあり
受講料(目安) 350,000円(ベーシック3コース)
980,000円(カレッジコース)
68,000円~(単科)
※いずれも税抜価格

School Data

所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-6 翻訳会館
問い合わせ先 電話:0120-024-240(フリーダイヤル)
FAX:03-3475-5082
E-mail:info@fellow-academy.com
Webサイト http://www.fellow-academy.com
コース 総合翻訳科、単科、通信講座、など
通信・オンラインの有無 あり
開講時間 平日:9:00~21:00
土曜:9:00~17:30
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017

通訳・翻訳業界総合ガイド2016-2017年度版