コミュニケーターズ 土曜学校

Top Interview

コミュニケーションスペシャリストを養成

声や抑揚、視線立ち姿まで意識する

中山貴子校長
「競争するのではなく、自分のペースで伸びていきましょう」

35年の歴史を持つ「土曜学校」を運営しながら、通訳者・翻訳者のエージェント事業を行うコミュニケーターズ。土曜学校の創立者は国際基督教大学の故・斎藤美津子教授。日本の同時通訳者の草分けであり、東京五輪の際に通訳者を育てたことでも知られる。

土曜学校が目指すものは、単なる「言葉のスペシャリスト」ではない。「コミュニケーションのスペシャリスト」の養成だ。中山校長、そしてメインの講師もみな、土曜学校で斎藤教授から直接教えを受け、第一線の通訳者として活躍しながら「良いコミュニケーションスペシャリストを育てたい」という情熱から後進の育成に携わっている。

「話し手のメッセージをわかりやすく正確に伝えるには、通訳者の立ち姿、視線、抑揚なども大切です。通訳技術を教える授業においても、業界の最前線で活躍するプロが、全身の立ち居振る舞いまで意識するよう具体的に指導しています」(中山校長)

最新の設備による実践的トレーニングを行うのは言わずもがな。同校は「コミュニケーションを学ぶ場」としての環境作りにも気を配る。受講生と講師、通訳部・翻訳部のスタッフを交えての食事会が定期的に催され、親睦を深めているのも、その一端である。

「授業が終わったらさよならではなく皆が触れ合う機会をつくりコミュニケーションを重ねていけば、勉強方法について情報共有もできます。授業後、自発的に勉強会を開いている受講生もいるんですよ」

ともに切磋琢磨する仲間がいること。それは学習のモチベーション維持にもつながる。

「学校に来て、仲間たちから刺激を受けながら、のびのびと勉強していってほしいと思います」

受講者の声

「助け合う仲間と一緒に伸びていく」

仕事・育児と両立できるコース

岩田崇江さん
受講歴 10年
プロコース在籍中

大好きな英語を活かした仕事をと思い、外資系企業に就職しました。でも忙しく仕事をしていると、なかなかインプットができない。もっと勉強したいと思ったのがスクールに通い始めたきっかけです。仕事に加えて育児と両立できるかどうかも不安だったのですが、ほかのスクールが半年や1年ごとのコースであるのに対して、コミュニケーターズは10週間ごとのコースで、これならなんとかなるのではないかと。

通い始めると、教材が多岐にわたっているところに驚きました。特に、第一線で活躍している先生ならではの現場の経験から、最新のテーマについて教えてくださるのは刺激になります。例えば「クラウド」もメディアが取り上げるずっと前から教えていただきました。

受講生はライバルではなく仲間

コミュニケーターズ・土曜学校は何より「温かい」学校だと思います。授業中にもコーヒーブレイクがあったりして、先生のお人柄に触れたり、通訳の仕事に関する情報交換ができます。スタッフの方々もそうですが、ほかの受講生の皆さんもライバルではなく「私たちは助け合う仲間、一緒に伸びていきましょう」という気持ちで接してくれる。これには本当に助けられました。

これまでいろいろな事情で通学を諦めてしまいそうになったことが何度もあります。予習復習に充てられる時間にも限りがあって、最低限のことしかできない。「やっつけ」ばかりで恥ずかしい思いもしました。でもみなさんに励ましてもらいながら勇気を振り絞って授業に出ると、その度に温かく迎え入れてもらえた。だからこれまで続けられたのだと思います。

最近、会社を退職しました。今はスクールに通いながら通訳を仕事にする道を模索しています。実務経験はこれからですが、市場で必要とされるレベルにまで通訳技術を高めていきたいです。

ほかにないカリキュラム

プロを目指すための4コース

キャリアサポート体制も

ひとり一台、テレビモニターのあるラボ

土曜学校では受講生のレベルや通学目的に合わせて4つのコースが用意されている。

「養成コース」は、通訳者の基礎スキルである「聴いて理解する力」「ポイントをつかみ、正確に言語変換する力」「聴きやすいプレゼンテーションをする力」を強化することに重きを置く。まずはここからという受講生が多い。

「プロコース」は、養成コースを修了した受講生や社内通訳者、すでにフリーランスとして活動している通訳者がさらなるレベルアップを目指すクラス。「養成コース」と「プロコース」、難易度こそ異なるがどちらも、かつて土曜学校で斎藤美津子博士のコミュニケーション理論を学び、現在は第一線で活躍するプロによる実践的な授業が行われている。

そして「放送同時通訳ワークショップ」は、モニターを備えたラボを使い、同時通訳、逐次通訳の実践的トレーニングを行うもの。以上3コースは、どれも1ターム10回の授業。体験授業も可能だ(要予約)。

「夏期集中講座(同時通訳スキル向上集中訓練)」は、2日間の集中コース。朝9時半から夕方4時半まで、同時通訳を集中的にトレーニングする。長丁場だが「同時通訳の現場ではスタミナも要求される」(中山校長)とあって、プロを目指すならぜひ体験したい。

Recruiting Summary

入学時期 1月、5月、10 月、夏期集中8月
講座説明会 なし。希望者は授業見学可
入学金 20,000円 ※新規受講者のみ。夏期集中講座は不要
受講料(目安) 養成コース(通訳者養成)83,000円、
プロコース(通訳者レベルアップ)83,000円
放送同時通訳ワークショップ 68,000円
夏期集中講座(同時通訳スキル向上集中訓練)33,000円

School Data

所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-12-15 虎ノ門第2東洋ビル6階
問い合わせ先 電話:03-3501-0171
FAX:03-3501-0175
Webサイト http://www.communicators.co.jp/
コース 養成コース、プロコース、放送同時通訳ワークショップ、夏期集中講座
通信・オンラインの有無 なし
開講時間 養成コース:毎週土曜9:30~12:30
プロコース:毎週土曜9:30~12:30
放送同時通訳ワークショップ:毎週土曜日13:30~16:00
夏期集中講座:8月19日(金)・20日(土)9:30~16:30
The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017 The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド2017

通訳・翻訳業界総合ガイド2016-2017年度版